ビティース - 歯科衛生士による歯の健康(ホワイトニング・審美歯科)情報ブログサイト

自然な歯でずっと美しく。そんな願いを込めた「美しい歯」が、当サイト名の由来です。

歯の健康 電動歯ブラシ

【徹底比較】歯科衛生士の!推し電動歯ブラシおすすめランキングトップ5!

どなたでも簡単に、きれいに歯を磨ける電動歯ブラシ!
あなたは使ったことはありますか?

最近では、たくさんの種類が家電量販店に並んでいますよね。
色々試してはみるものの、どれがいいのかその場で動かしてみても
イマイチ分かりませんよね。

見本品を実際に口に入れることなんて、もちろんできないし・・・
「どれを選べば良いのか、決められなくて今まで購入を躊躇していた!」
なんて方もいらっしゃるのでは?

 

私は歯科衛生士として10年一般開業医に勤めてきました。
なので、色んなメーカーの電動歯ブラシを使っている患者さんを見てきています。

つまり、どの電動歯ブラシを使っている人がきれいな歯をしているのか!

も、ある程度は把握できています。

もちろん、私自身も電動歯ブラシユーザーです。

そんな私がオススメする電動歯ブラシトップ5をお教えしちゃいます!

価格は、私が調べた価格の平均を記載してあります。

スポンサーリンク

★第1位★「フィリップス ソニッケアーダイヤモンドクリーン」

価格 24000円前後
毎分ストローク回数 約31000回
替えブラシ 3本3500円

日本の歯科業界シェアNo.1。

ストローク回数はドルツと同じそう変わらない毎分31000回のですが、ポイントは何と言ってもフィリップスの特許技術の洗浄力です!

幅広い振幅の組み合わせで、液体流動による洗浄力(ダイナミッククリーニングアクション)を強力に発生させ、取りづらい歯間の汚れを浮かせて落としてくれます。

また、5段階のモード機能を搭載。

注目すべきは歯を自然な白さにしてくれるホワイトモード。ちょっとした着色汚れは落としてくれます!

電動歯ブラシで歯が白くなる実感をいち早く感じることができるのは、このソニッケアーでしょう。

★第2位★「GC プリニアスマート」

価格 9,000円前後
毎分ストローク回数 約31000回
替えブラシ  2本980円

こちらはあまりメジャーではないかもしれません。
歯科用品メーカーの老舗GCが開発した電動歯ブラシです。
パナソニックが生産しています。

ストローク回数31000回とスペックはそのままに、とにかく軽くて細いので他の電動歯ブラシと比べると格段に使いやすいのが特徴です!

電動歯ブラシの機能自体はノーマル・ソフト・スーパーソフトの3種類ですが、ステインオフ専用の替えブラシもあります。

歯科専売品のため家電量販店にはあまり出回っていませんが、ネットでは購入できるようです。

★第3位★「パナソニック ドルツ」

価格 19,000円前後
毎分ストローク回数 約31000回
替えブラシ 2本1,500円

日本のメーカーから出ているドルツは、電動歯ブラシ史上初めて日本歯科医師会からの推薦を得ています!

1番のポイントは、日本人に合った電動歯ブラシであること。
日本人の歯のアーチや歯の形、歯ぐきの性質に合わせた電動歯ブラシです。
日本人向けの優しい電動歯ブラシと言えます。

パナソニックらしく、なんと電動歯ブラシからイオンが出ます!
また、替えブラシの中には歯ぐきのケア用のシリコンブラシがあります。

★第4位★「オムロン メディクリーン」

価格 12,000円前後
毎分ストローク回数 約25500回
替えブラシ 2本600円

通常の電動音波歯ブラシの動きは縦磨きの動きのみになりますが、オムロンは横磨きの動きも加えたマルチアクション音波が売りです。

ストローク回数は約25500回数とやや少なく感じますが、このストロークの動きでカバーといったところでしょうか。

他の電動歯ブラシに比べると、低価格なのもこのオムロンのポイント。
替えブラシも安価なので、ランニングコストを考えてもこの電動歯ブラシはお得です!

「基本的な機能があればいいかな・・・」という方は、このオムロンを是非手にとっていただきたいです。

★第5位★「ブラウン オーラルBジーニアス」

価格 20,000円前後
毎分回転数 10500回
替えブラシ 3本2,000円

普通の歯ブラシの形ではなく、歯科医院で使用する歯面研磨器具と同じ丸型ブラシが特徴のこの電動歯ブラシ。

回転の運動はもちろんですが、最新のこの機種は上下の振動も加わりました。

世界歯科医推奨No.1のこの歯ブラシは、電動歯ブラシの中で唯一、「歯垢除去率が一貫して手磨きよりも歯垢と歯肉炎を減少させる」とのデータが証明されています。

当てる力が強すぎると、自動的に回転が止まる機能も搭載しています。

また、スマホに専用アプリを入れるとBluetoothで接続ができます。
日々のブラッシング履歴や2分間タイマー、磨く順番、ブラッシングモードのカスタマイズなどができます。

 

それぞれの電動歯ブラシの特性やポイントも一緒にランキングをお伝え致しました。あなたが気になっている電動歯ブラシはありましたか?

では、なぜこのランキングになったのか?
個人的な感想も踏まえて、解説させてください。

やっぱり、毎分ストローク回数が多い方が良い!◎

値段にも比例してくるのが、このストローク回数。
この回数が多ければ多い方が、歯垢除去能力は確実に上がります。

歯科医院で使う器具もそうです。回転数が高ければ高いほど歯がいっきに削れて(怖いこと言ってすみません)、研磨威力も上がります。

なので、毎分の振動回数が多い電動歯ブラシを上位にしました。

ただ、本当に当てすぎには注意してください。
使用は1回につき2〜3分までにするのが目安です。

丸型毛先の良し悪し

ここからは、10年歯科衛生士をした私の超個人的な考えですが・・・

正直、丸型ブラシの電動歯ブラシを完璧に使いこなすのって難しいです!!

中には、これが合っていてキレイに当てられている方もいました。
が、大半の丸型ユーザーの方は正しい当て方ができておらず、歯垢が歯茎の境目に残っているか、当てすぎていることで歯肉短縮や歯の摩耗を起こしていました。

丸型電動歯ブラシを持参していただき、
医院でご指導させて頂いたこともあります。

が、やっぱり難しい・・・とのことで、普通の歯ブラシ型の電動歯ブラシを新たに購入なさっていました。

完璧にキレイに当てられれば、とても良い物であることには間違いないと思います。実際、きれいになる証明もされています。

なので、ランキングには入れましたが・・・使用方法は難しいです。
丸型よりも普通の歯ブラシ型の方が、使いやすく感じる方が多いように思います。

まとめ

私の個人的な経験も踏まえた電動歯ブラシランキング。

  1. 電動歯ブラシランキングの1位はソニッケアー。
  2. やはり、振動数が多い物の方が汚れがよく落ちる。
  3. 丸型ブラシは、正確に使うのが結構難しいので要注意。

様々なメーカーの物を実際に使用して比べることは、なかなかできませんよね。
ちなみに私は、ソニッケアー愛用者です。

日本の歯科医院シェアNo.1のこの電動歯ブラシのご指導は本当にたくさんしてきました。
他の物も使ったことがありますが、たしかに良い物だなと思ったので長年ソニッケアーを使用しています。

あ、ソニッケアーの回し者ではありませんので、あしからず・・・。

スポンサーリンク

-歯の健康, 電動歯ブラシ
-, ,